おやすみなさい

報告は以上です

さんさん

f:id:mayonakanonami:20160616002319j:image

 

 


11日土曜日昼、妹が遊びに来る。

だらだらしゃべりながら食べ歩き開始、コロッケ、ピザとナポリタン、ドーナツ、苺氷とパンケーキ。

もうずっと1日1食以下だったわたしには完全に食べすぎです。

夜になってもぜんぜんお腹がすかないのでだらだら喋りそのまま就寝。

f:id:mayonakanonami:20160616002403j:imagef:id:mayonakanonami:20160616002430j:imagef:id:mayonakanonami:20160616002452j:imagef:id:mayonakanonami:20160616002531j:imagef:id:mayonakanonami:20160616002527j:image

 

12日日曜日、昼前に妹に起こされる。

お昼ご飯はお蕎麦。おなかいっぱいです。おうちに帰ってだらだらしゃべってお昼ねして、三時ごろ妹帰宅、わたしは再びねむる。

f:id:mayonakanonami:20160616002626j:image

 

13日月曜日、体調不良。めまいと吐き気。夜の予定をキャンセルし日がなねむる。寝すぎなのかスマホの画面しか見てないからか、手元より遠くにピントが合わない。

 

14日火曜日、19時より京都mojoにてアートスクールライブ。

目覚めたのは16時ごろ。しかたない、昨日しにかけだったししかたない。言い聞かせる。

シャワーと浴びなければ・・・化粧をして着替え・・・と追われるように支度開始。追われてるけど速度はめっちゃおそい。うける。起きるのおそすぎてぜんぜん朝の薬のめないうける。

12日の昼前にそばを食べたきり絶食状態だったのでなんか食べないと、ととにかくそのへんにあるものを食べてみる、菓子パン食べて吐きそうになる。プチトマトとか食べたな。あとミューズリー。なんかちょっとげんきになったきがする、やっぱニンゲン食べなきゃだめだねって理解。死ぬかも、という感じがなくなる。

2時間ほどかけてふるふるしながらシャワーを浴び、食べ、適当な服を着る。手が震えて化粧がうまくできない、うける。いつもふるふるしているけれどこんなにあからさまにぶるぶるしてるのははじめて! うける!

時計を見ると開演3分前、自転車に乗ってmojoへ。ちゃりでライブいくのはじめて、うける。危機感のなさももうなんかすごい。ライブの4時間も5時間も前に会場にいたころがもはやなつかしい。ピントが合わないのは相変わらず。

一曲めイントロの最中に到着、体力に自信がないので一番後ろでしずかに見る。

二曲めあたりできゅうにピントがステージにあう。おおー! みえるー!! じょうたい。うつくしい。

プールサイド、skirt、水の中のナイフ、うれしい。

じょうだんみたいに言っていたが、アートスクールは、バンドはきらきらしている。是事実也。

きのしたりきさんにラブレターを書こうと決める。(送りません)

出せない手紙製造機うける。高校生のときまいにちブログにラブレター書いてた。

f:id:mayonakanonami:20160616003039j:image

 

15日水曜日、目覚めると15時半。脱力、もう夕方。でもよく考えたら6時間しか寝てない。正義。近年稀に見る短時間睡眠。日本で生きてゆけるきがする。

からあげを食べたら口の中の皮がべろべろになった。弱すぎか。

とか思っていたらこんな時間になってしまった、今日もおそらくこのまま終わる。

 

あしたは日用品買いに行きたい。ここから先一週間ないしは二週間以内で生活リズムを整え昼夜逆転をなおしたい気持。ある。あるある〜〜〜。

ひとに会わない生活をつづけるとにんげんはどんどんブスになるよなと実感。

セロトニンもほしいし日を浴びたい気持もあるけれどうちの部屋には日は差さない。こまったさんかな。

 

綿めぐみ『災難だわ』の「大体汗水たらしてエルメスなんかもう幻想でしょ」についてあれこれ書きたい気持。

くりかえしタラタラ言っていた女の子と街と資本主義のおはなし、もはや2014年と2016年の現在とでもずいぶんちがうように思える。インターネットももはや回遊型コンテンツではなくなった感。

 

 

 

 

 

f:id:mayonakanonami:20160616002723j:image

 

血管がきもちわるいよな。

 

 

 

 

 

 

バターの話

 
 
わたしが乳製品を異様に好きだという情報はいままであまりお伝えしてこなかったとおもうんですけど、わたし、とりわけ牛乳とバターが好きなんです。
今回はそのバターの話です。
 
ちょっと前、テレビでダイエットの企画のCMかなんかで、バター食べてる女のひとのCMが噂になったじゃないですか。
あれわたしぜんぜんなにが不思議なのかわからなかった。
だってわたしもバターかたまりで食ってるから。
 
あと、アメリカの、フライバター? 揚げバター?
あれぜったいおいしいですよね。すごい食べたい。たぶん食べる機会に恵まれることはないけれど。
 
こどものころからよくバターを食べては怒られていました。
自分でもなんとなく、これ食っちゃいけないんだなってわかってたんですけど、なんかおいしそうだし、というかおいしいし、石鹸だっておいしそうだから食べちゃうわたしですから、そりゃおいしそうでおいしいなら食べないわけがない。
 
とにかくわたしはバターのあの味が好きなんです。
初対面のお客さまと仕事中にバターの味について盛り上がったこともあります。
 
 
意識低い系、とりわけ食に対して意識低い系のわたしですが、これだけは手を出してはいけないと視界にすら入れてこなかったもの……
 
それが、チューブでバターです。
 
 
 
 チューブでバターのこと悪く言うつもりはないですが。
いや、悪く言うつもりはないけれども、チューブでバター愛用家のひとのことやいやい言うつもりもないけれど。
でもたぶんわたし、好きなひとの家の冷蔵庫にチューブでバターが入っていたらちょっとがっかりする。
あ〜〜それなのね〜〜って思っちゃう。
いままでなら。
 
バター、好きだから、切れるとふあんなんです。
パンよく食べるし。
というかバター食べるし。
バターにはちみつかけて食べるとすごいおいしいですよね。
 
バターが切れたのでスーパーへ出向いたのですが、いつも買ってるバターが売り切れていたんです。
 
しかし昨今のバター不足の煽りもあり(うそです)無収入の不安もあり(これはちょっとほんとうです)賃貸の家決めるのにノート一冊書き散らかし、家電一つ買うにも一ヶ月調べまくるわたしなので、その場で選べ! と言われても冷静な判断は極めて難しく、まあつまるところだいたい考えるのがめんどくさくなって、しょうがない、今回は、と、ためしに、と、あの悪魔の、チューブでバターに手を伸ばしてしまったのであります。
 
バターのカッチカチ具合に毎度のことながら辟易していたので(食べるときはむしろありがたいのですが)、興味がなかったというとうそになるんですけど。
でも、いや、これだけは、と手を出さずにいたチューブでバター。
視界に入れると心揺らいでしまいそうだからできる限り見ないようにしていたチューブでバター。
 
そもそもこれバターじゃないし。
「バターを1/3と植物油を2/3使用(原料油脂中)しています」だし。
「やわらかくて使いやすい」その文句に、通院帰りでもうへとへとだったわたしは、ついやられてしまいました。
チューブでバター、それを手に取った途端、ひんやりとしたボディの冷たと、そのなかに眠るやわらかみのポテンシャルに背筋がぞっとするのを感じずにはいられませんでした。
 
 
 
 
 
 
たしかにバターではない。バターの味じゃない!
ぜんぜんものたりない!!!!!
でも気軽。とにかくお気軽。
なんなの、すぐに塗れる。
もう、カッチカチのバターを普段使っていたから(常温保存不安、常温に戻るまで待てない)、塗るという概念がなくなっていた。そういえばバターって塗るものだった。
むりやり溶かして浸透させたり、バターとパンを交互に食べるものではなかった。
 
 
なんか順を追って書いていたらめんどくさくなってきたので結論だけ書きますね。
じゃがバターおいしい。

 

 

  
 
アッそういえばバターケースってのあったな。
あれってもしかしてバターを常温で保存しておくためのもの????
なんでこんなごっついケースに入れてわざわざ冷蔵庫の貴重なスペースを削がねばならんのだ、おしゃれではあるが、と思っていた。
今後バターケースについては要検討。
マーガリンの話はまたこんど。
 
 

おばけ


あ〜〜なんかさっきから虫飛んでる〜きになる〜って思ってたらとなりの男子の腕時計が反射しているだけであった

おい

 

 

わたしですね結構もうぜんぶ受け入れ態勢ととのっているというか、抵抗とか、あんまりないから、どうなっても生きていけるなっておもうの

でもその反面、とつぜん、アーーだめだもう死ぬしかない死のうそうだ、京都に行こう、じゃなくて、そうだ、死のう、名案だ、というかそれしかない、じゃどうやって死のうか、て考えるときもままある

なんなのか?????

このギャップ??????????????????

冷静に考えることのできるときはだいじょうぶなんですよねきっとね、

理性で考えられるうちは

わたしはなんちゅーかけっこう、いやかなり、ばかだ

あたまがわるい

とても

ひらがな好きだし

 

 


きょうなにしたかなあ、といつも考える

たいがいたいしてなにもしていない

きょうは、8時に目を覚まして、薬をのんで、もう一度ねて、10時に起きた

そのまま気づいたら12時を過ぎていたので(寝ていた?)顔を洗って服を着替えてでかけた

電車にのった

二度ほどつまづいてよろけた

ころばなかったので御の字

 

・郵便局でゴーゴーボーイズゴーゴーヘブンのDM先行振り込み

・銀行で通帳印字

・通院

・牛乳買う

・ベルト買う

スマホケース買う

・レシート整理して大まかな収支把握

・LINE返信

Facebookを開いてあわよくばメッセージに返信

スマホメアド決めて送信

・メアドで登録しているサイト等設定変更

 

以上本日のミッション

 

結果、郵便局○、通院○、牛乳○(じゃがいもとえのきも買えました)、レシート○、LINEは妹と院の友達と知り合いのおっちゃんには返信した

あと返信のこってるの、一回だけ飲みに行った男の子、三回くらい飲みに行って羽毛布団くれた知り合いの知り合いのおっちゃん、会社の上司、元彼、元バイト先のお客さん、大学の友達、高校の友達、計22件

Facebook開くも三月のメッセージに返信できず

ベルトとスマホケースは気に入ったものがない

atmで通帳印字してたら通帳いっぱいになっちゃって時計みたら3時4分、はい残念窓口間に合いませんでした、げんじつとはざんこくだね?(えいんと)

そうえいばそういえばわたしでぃるあんぐれいの曲だとエイント〜がすきなんだよねどおでもいいのだけど

なんか↑の友達がよくカラオケで泣きながら歌っていたから

あと〜あと〜めあどは決めていない=送れない&設定変更できない

 


あしたはなにをするだろう?


むかしは祇園で友だちとすれちがうのが好きだったけれど今はもうほとんどだれにも会いたくない〜〜〜〜〜〜〜〜

こうやっていろんなものをせおってゆくんですねえにんげんってねえ

ほんとは豊かなことなのだけれどねそれって

失いたくないものがいっぱいデキましたってことでショ

だからいまのわたしにはできないことがいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいある、ざんねんだなあ、おもしろくないなあ

ってこれも勘違いなのだ

ほんとはたいしたもの得てはいないというのにさ

なんだって捨てちゃえばいいのに

流行ってんでしょ断捨離とかミニマリズムとか

わたしは収集癖あるからなんだってなんだってだいじだいじってしちゃうんだ

集めちゃって重くなってあきらめる、もういいやってぜんぶばらまく

やな癖

つまりこれがギャップの正体

つまんないの

 

わたしが一番嫌いな街は、京橋

一番好きなひらがなは、ん

 



f:id:mayonakanonami:20160607122808j:image


ぜんぶ新しくなる

 
 
 
大学一回生のとき、演技の授業でチェーホフのかもめのシーンアクションをやったのです
男女ペアになって、女はニーナ、男はトレープレフ
そのときの、トレープレフのセリフが、わたしはずっと忘れられない
彼は憎々しげにいうのだ、
「ことば、ことば、ことば、か!」
 
わたし、ニーナになれてしあわせだったよ
わたしのニーナは、たぶんちょっと、トレープレフが好きだった
劣等感丸出しの長台詞、かわいそうなトレープレフ
かわいそうな
 
 
 
 
MacBook Airを買った、2日後に、アイフォン5エスがぶっこわれた、買い替えた
液晶がダメになったうえバックアップを取っていなかったのでてんてこまいだ
しかも、それを機に、ドコモからソフバンに乗り換えをした
それを機に、ポケットWi-Fiもワイモバイルからソフバンに乗り換えをした
ら、なんかもう、なにもかもあたらしくて、なにもかも意味がわからんのだ
月末も被ったし
なぜしごとをしていなくとも月末というものはいそがしいのか
そしてアイフォン6エスはでかすぎるのだ
 
 
なんか人間関係とかも変わる? もどる?? かんじがしている、し、この一年、しごとをしていた一年、わすれていたなにかを思い出しつつあるかんじがしている
じぶんのペースで暮らしている
寝て、寝て、ねむくなったら寝て、
薄暗いへやでパソコンをいじる
ゆっくりうごく
じぶんがなにを好きでどんなにんげんだったのか????
 
ぜんぶあたらしくなる
 
 
携帯を変えて、LINEのともだちをアドレス帳から追加していたら、もう何回も何回も何回も何回も夢に見た夢に出てきた高校のともだちがでてきた
夢か!!!!! これは!!!!!
何度も何度も夢の中で泣いた、会えて嬉しくて泣いていた
でもいつも夢だった
目が覚めてかなしくて泣いた
生きてる??? たぶん生きてる、ふつうに生きてる
へんなこだったけど、たぶんもう、ふつうに生きてる
 
うれしくてびっくりして思わずプロフィール写真スクショした
ぜんぜん変わってない、顔
かんどうかよ
 
で、その晩、べろべろに酔って、なんかLINE送ってた
けっこういろんなひとにけっこう誤字大爆発のLINEを送っていて、けっこうこまった、けっこうはずかしい
朝帰ってきて送った気がする、でも内容がきおくにない
返信が来てるのだけれどこわくて既読がつけられない
げんきしてるのかな
どこに住んでるのかな
また会いたいなあ
うれしい
うれしい??????
かなしい、チョット、なんだろなあ
 
 
 
 
なんか帰りの電車のなかのしゃしんあったんだけどこれもきおくない、うける
 
 
 

ねむたさと赤の爪

なぜこんなにもねむいのか、や、眠り続けることができるのか

 
そういうタイプのひといるんだよね
 
 
主治医がそういう
それにしても寝すぎじゃあないか
24時間のうち3時間ほどしか目覚めていない
それをまいにち
よくもまあねむれるもんで
 
 
布を纏うのがあまりすきじゃないわたしは、いまは、下着だけつけて眠る
かわいい下着、年齢にそぐわないパステルカラーの下着、あるいは年齢相応の、いやしかしわたしには大人びて思える、淑女のようなしとやかなレースのみの下着、
 
はだざわりのよい抱き枕を抱いてねむる
はだざわりのよいものが好きだ、ちがう、はだざわりのよいものしか好きじゃない
 
 
もう30時間ほどまえから風呂場からぴと、ぴと、と水滴の落ちる音がしている
でもすぐにわすれてしまう、ねむってしまう
 
1日のほとんどを寝て居る
もうこのへやには時間もないし曜日もない、昨日も明日もない
このここちよさ
ひとりきりで死んでいるようだ、ありがたい
こういうふうにひとりでいられるのは
男の子の誘いも女の子の誘いもぜんぶ蹴っ飛ばして眠り飛ばしてしまう
妹のLINEだけりちぎにかえす、不必要なまでに
 
 
わたしの夢に父はほとんど出てこない
わたしの作品にも父はほとんど出てこない
ふしぎだな
 
 
だれに見せるでもないけれど紅く塗られた足の爪がわたしと社会をかろうじて繋いでいるように思える
 
 
 
f:id:mayonakanonami:20160525102212j:imagef:id:mayonakanonami:20160525102240j:imagef:id:mayonakanonami:20160525102300j:imagef:id:mayonakanonami:20160525102313j:image
 
 
ある

踵なき世界と憎しみのゆめをみていた


憎しみの夢を見た





公園のような、だだぴろい広場、なにもない、雨が降ったのか所々に水たまりができている
不穏な機械、なんだろうこれは? ああ、いやになるなげんじつって
広場のはしにコンビニがある、コンビニに入る、ビーチサンダルやクロックスがたくさん売っている、なぜ、海なのかな
コンビニの事務所に電話、ホテルのブッフェレストランに爆弾がしかけられたんだって、ああそのホテル、わたしと妹と母と泊まっているホテル、
逃げればよいのにホテルに帰る、いつのまに、母と妹、部屋に帰ればだいじょうぶだよ、なんでだよ、でもいっしょうけんめい部屋に帰る、このことをしっているひとはだれもいない、わたしも誰にも言わない、自分たちだけ助かろうとしてひっしっで部屋をめざす、部屋は四階
妹と母、階段であがるの、なんでやねん、エレベーターでしょ!! でもはぐれるのがこわいわたしはいっしょに階段であがる
「ホテルに原爆がおとされるらしい」、情報が流れる、場、にわかにざわつく、でももう遅いの、大混雑大混乱のなか、3、2、1、すんでのところで部屋ににげこむ、ばたむとドアを閉じる、圧、圧に負けぬようひっしでドアを押さえる、あーあたまが痛い
一瞬圧に負けたドアのすきまからまっくろに焼けた人が入ってこようとする、わたしはひっしでドアをとじる、お願いだからくんな、と
逃げる、母、妹、わたし
ロビーは大惨事だよ、授業でみたことがあるような、あーあー、
出るころにはホテルは旅館になっていた

旅館を出ると、原爆でやけたひとたちの列、列、みな包帯ぐるぐる、これはなんの列?? 儀式だよ、儀式だよ、このひとたちはこうやって生きてくんだって、どうしてだろう、儀式、でもそれはよくわかった、こうやって生きてくしかないんだね
大名行列みたいだな
シャンシャン音がなっている
手を合わせるか迷うわたし、でもまだ生きているのだから手を合わせてはいけない、とすんでのところできづく

建物の壁に沿って歩く、きづくとわたしはひとりになっていた
歩く理由が、変わっていることにわたしはきづいていない、だってこれは夢だから
場面は、学校からの帰り道になっていた

まだ暗い暗いあけがた、街灯もない道、でも車はたくさんとおっている、学校からの帰り道でパナウェーブ的な白装束に身を包んだ不審者にダッシュで追いかけられ、すんでのところでコンビニに逃げこむ、店員はおばちゃんひとり、しかし朝練前? の学生たちがたくさんいる、わいわいがやがやにぎやか、わたしはもう助けは求めない、パナウェーブはもう追ってこない、学生たちは各々おべんとうやパンを買って店を出る、店にはおばちゃんとわたしだけ、コンビニなのに、なぜかテレビがある、テレビには誰かが録画した番組がたくさん残っている、外国人の男がたくさんでてくる、夜中にみるMTV感、わたしはモー娘。を流す、一瞬だけたのしかったな
おばちゃんのコンビニで菓子パンをしこたま買う、砂糖がどっさりついた甘い甘いパンばかり、袋ぱんぱんに、ああそうだわたしっていつもパンを買いすぎる、

パンを持って学校に帰る、帰ると、殺人鬼がいる、おっかねえ、なんか猟銃で撃ってくる、女子がきゃあきゃあ逃げる、皆、わたしも、紺色のセーラー服をきている、殺人鬼をばかにしていた先輩が二人死んだ
わたしはひっしで逃げる、逃げて逃げて、墓地まで逃げる、そっちは行ってはいけないって分かっているからだれもいかない、でもわたしは殺人鬼から逃げるのにひっしだから、墓地のほうまで、逃げる、なんてことない、墓は墓、目の前の殺人鬼のほうがこわい
遠くから情報、殺人鬼はけいさつにころされました
みんな一気に気が抜ける、でもわたしはなんかきもちがざわざわしてて安心できない、たしはわかる、憎しみ、憎しみかあ
きゃあきゃあ逃げる女学生、逃げまどってすごいガケのほうに女子たちがあつまる、なんていうのかなこれ、断崖絶壁のかべ、足がぎりぎり乗せられるくらいのところにみな立っている
もう一度殺人鬼がころされる、埋められる、でもほらみて、埋められたところ、なんかうごうごしてない?
波紋のようにうごうごが広がる、うわああいつぜったい生きてるよ、どれだけ時間がたっただろう、地面がぼわぼわ揺れて、地面のでこぼこが波紋のように広がって、恐怖ばかりが場を支配する、殺人鬼の憎しみが伝わってくる
そのうちすっと地面のゆらぎが止まって、あれ、殺人鬼、死んだかな、こんどこそしんだかな
ふっと緊張の糸が切れる、気づくとわたしたちはすごいところに立っているよね、両隣には小学校時代の同級生、そういえば死んだのも小学校の先輩
左となりの女子、はなちゃん、私の頭をちょんと押す
はあ、あぶないでしょなにすんの、と思うわたし、「頭よごれるよ」、はあ??? 汚れるくらいどうでもいいわこの状況で、といらいらするわたし、すんってしたその顔めっちゃむかつくわ
右となりの女子、ゆうこちゃん、なんかにやにやしてる、ああこいつやばいやつやったな〜〜、ゆうこちゃん、わたしの背中をどんと押す、あっ殺された、わたしは思った、落ちてゆくあいだ、スピードがとてもゆっくり、高いところから落ちるときの夢、あのかんじ
落ちた、死、ななかった、わたし生きてる、
キンコンカンコンとチャイム鳴る、「お昼はやく注文しないと時間切れになっちゃうよ〜」とわたしを急かす女子、いらいらする、歩けるかな、と思いながら立ち上がる、たてた、あるけた、よかった、と同時に憎しみがこみ上げる、どんどんどんどん、ああ分かるなあ
「お昼はやく」「ちゅうもん」うるさい女子、こいつだれだよ
「菓子パン持ってるから大丈夫」とわたしが言うと、「あっそ」と女子、ぷちんときた、女子は先生に媚びにゆく、センセ〜あのさあ〜
ころしてやる、と思うわたし、別にだれがとかなにがとかじゃなくて、憎い、ただ憎い、すべてが
ころしてやる、と大声で叫びながら小学校の玄関ガラスをぶちやぶる、靴箱のところには女子がいっぱい、はなちゃんあっこちゃん、あとだれだろ
わかんないけどころす
三人ころした
バスケみたいにそいつらの頭で地面にどむどむした

おわり、ちゃんちゃん


とちゅう、古風なラウンジでカウンターに入るゆめもみた、気の抜けたジントニック、誰も持って行ってくれない、









かかとがない世界、憎しみの、憎しみに満ちた夢、朝5時に帰宅し、眠るのをやめたのは午前1時半だった、20時間ねむった、そのあいだ、ずっと憎しみのゆめをみていた
なんなのかなこの憎しみは、わたしはずっとすべてが憎くて、じぶんがいつも犯人にならないように、犯人にならないように、犯人にならないように、そればかりかんがえている
わたしはいつも犯人に共感する、どんなときどんなニュースどんなばめん
なぜこうなってしまったのか
ふしぎだ
わたしはわたしがいつか犯人になってしまうという恐れと、そうなってすべてを破壊してやりたい欲望と、ほんとうに、そうなってしまう恐れとのあいだで引き裂かれ、ズタズタになっている、ばかみたいだ、いやばかだ、
12歳のころにはもうこうだった、人生の半分以上を半ば犯人のわたしとして生きてきて、ああどうでもよくなってきた、寝よかな、おやすみばかな世界ちゃん



f:id:mayonakanonami:20160523054332j:imagef:id:mayonakanonami:20160523054343j:imagef:id:mayonakanonami:20160523054349j:imagef:id:mayonakanonami:20160523054427j:image

さくらんぼチェリーさん

きのうは同期の子と3人でお昼たべて、たらたらしゃべっていたら夜になっていて、そこから知り合いと知り合いの部下のかたと知り合いのお得意さんと馬肉のコースを食べにゆき、しこたま飲み、しこたま飲み、2軒目にゆき、しこたま飲み、記憶がない。

きおくがない!

どうやらタクシーで帰ったようだけど。
きったねーへやだな。
こんなきたない状態のへやに人を入れたのはじめてすぎて起きてから戸惑ったわ。
ていうかなんでいる???  とおもったね、はやく帰ってほしいなあ〜〜〜と思いながらしゃべりかけてくるのをフル無視してねていた、ふつかよいだった。
いつも、人を家に招くと、だいたい翌朝はやくかえってほしくてしかたがなくなる。
はやくひとりで死なせて……ってきぶんになる、きぶんだけだが、
ゆいいつそう思わなかったひとは、むしろ、さっさと帰りたがった、さっさとというか、夜の7時であったので、いま思うと当然ちゃ当然なのだが。
寝すぎやろ!  ていうつっこみもなにもおかしくないのだが。
わたしはへいきで20時間寝るからな〜〜〜〜あ〜〜〜〜、


しごと休み始めてからこんなに人と会ったのはじめてだったのでなんかめちゃくちゃつかれたのであった、
というか、たんじゅんに、二日酔いだからこんなにげんきがないのかもしれない。


いまつけっぱなしにしていたテレビからおでんの話がきこえてきて、あーコンビニにおでん買いに行こうかな、とおもった、







ああ同期はいいな、みんなかわいいな。年下のおんなのこ、年下のおんなのこたち、年下のおんなのこ、年下のおんなのこ、たち
とりあえずシャワーあびて実家からもらってきたサクランボとアメリカンチェリーたべた




f:id:mayonakanonami:20160519211519j:image
スヤスヤ