雷の日

一昨日の夜、雷雨がものすごかった。とつぜん降り出してぜんぜん止まない。家がふるえるほどの雷が鳴る。光ると、深夜なのに昼間のように明るい。それが三時間以上つづいた。 妹がわたしの部屋に逃げ込んできて、死ぬかもねってくすくす笑いながら一緒にベッドで眠った。 で、これのことだけれども。 <a …