おやすみなさい

報告は以上です

時代はインターネットの像にのって?

 
私たちは、体験せずにして「知っている」。魔法のインターネットでなんでも知ることができるよ。

机ってどうやって作ってるんだろう。カッコイイ机がほしいなあ。インターネットで机の作り方を調べた。机の作り方を知った。ふうん、へえ。けっこうかんたんそう。その知識をもとに、実際にじぶんでも机を作ってみた。知るだけじゃなくて、識っちゃった。おまけにカッコイイ机も手に入っちゃった。らっきー。

じゃなくて。

作り方知って、なんかそれでまんぞくしちゃった。カッコイイ机は手元にないけどもういいや、寝よ。あ、LINEきた。

うーん。

 

BURGER NUDSの鋼鉄の朝に「結末を先に知る悲壮」という歌詞があったっけ。

 

わたしたちは、すでに知っているでしょ。何もかもいつかは終わりがくるということ。

今期もアニメは終わりを迎え、NARUTOもそろそろ連載が終わるらしい。ONE PIECEはまだ終わりそうにないけれど、きっとそのうち終わってしまう。小学生の頃仲の良かった友人たちとはもう連絡もとらないし、中学生のころ感じていた焦燥感ももう思い出せない。何度も通った遊園地はいつの間にか閉園していた。人は死ぬし好きだったバンドは解散した。青春を捧げたバンドマンはどこぞの女と結婚してパパになっているかもしれないなあ。それでも死んじゃったあの子よりはましなのかなあ。

 

青春を謳歌する女子高生たちは、女子高生という価値ある時間がいつか思い出になることを知っている。だからがんばって女子高生しているの。イタいこともサムいことも、全部全部女子高生時代の思い出になると知っていてやっている。

 

終わることを分かっていて、わたしたちは毎日暮らしていかなくちゃならない。どうせいつか死ぬんだけれど、だからといって何もしないではいられない。

「私」が死なない限り、わたしたちはいろんな終わりを見過ごして(見届けて?)、いろんなことを終わらせながら生活を続ける。

 

時代は変わる。西武百貨店は売却されたし堤清二も死んだ。廃墟になった遊園地で、「おもしろいことないかなあ」なんて言いながらたらたら遊ぶ子供たち。

栄えたものはやがて衰える諸行無常だよ~。でも。

パルコの大森靖子ちゃんの広告なかなかぐっとくるね。シブカル祭。は四回目。行ったことないけど。

諸行無常なら廃墟が廃墟のままあるわけもない。人はたいくつしいだからなあ。たいくつしたくてたまらんのだなあ。新しいたいくつのために、新しい飽きのために、あれこれ新しいことをさがしているのかも。

しかしこんなことももう皆しっている。

 

なんで語るんだろう。もう皆知っているのに。どうせ皆死ぬのに。

人が物語るいみって? なんで日記なんぞかくの? やっぱり自分のためだけなのかなあ。これがすっきり分かればわたしはすんなり修了できるのだけど



f:id:mayonakanonami:20141008210731j:plainf:id:mayonakanonami:20141008210743j:plain