おやすみなさい

報告は以上です

真夜中のなみちゃんは夢の中にログインしました

 

 

わたしはありとあらゆるものの概念を愛しているに過ぎなく、それそのものは愛しているどころか激しく嫌悪しているのかもしれないと思った。

その代表的なものが人間であって、わたしは人間という概念はひどくいとおしく感じるけれど、人間そのものには、むらがあるし、汚いし、どこかでかならず嫌悪感が沸く。しかし概念はそれ混みでいとおしく、愛らしい。

 

概念とはきっと霞のようなものだろう。

霞を食っては生きていけないと言うが、わたしはきっと霞を食って生きている。

あるいはわたしは生きていたことなどないのかもしれないし、もしかすると、仙人なのかもしれない。

 

また概念的な話になった。

わたしが人とほんとうに交わることができないのはこういうことが原因なのかもしれない。

それとも、人というものは皆こういうものなのだろうか。

そうだとすれば、人間という概念そのものが崩れることとなるし、人と人との交わりとは、いったい????

 

人間が、精神的な存在でなくてよかった、とよく思う。

人間は物質であり、薬が効くのは、食べ物が必要なのは人間が物質的な存在だからである。心理的な存在でなく、科学的な存在である、とも言えるのかもしれない。

もしくは、概念的な存在でなく、実際的な存在である、とも。

いや、しかしここで観念という言葉を持ち出してしまうとこの話自体の意味がさらにややこしくなってしまう。しかし実際のところはそうなのかもしれない。実際という言葉を今用いたことで自体はさらに深刻になってしまった。

人間は、触れればたしかにそこに肌触りや体温がある。

しかし、肌触りや体温すら、脳の信号でしかなく?????

 

わたしはほんとうのことが知りたい、真実が知りたいといつも考えているけれど、となると、わたしは本当という、真実という概念が知りたいだけで真実などちっとも知りたくないのではないかとも思える。

きっと真実の真実はけっこうくだらなく、たいしたこともないものなのだと思う。というこれこそが概念で、では、真実の真実の真実とは????

 

もう、なにがなんだか分からない???

 

わたしはいつも、あなた自体ではなくあなたという概念を愛している。

しかしそれは誉められたことではないだろう。

わたしはあなた自体を通してあなたの向こう側を見ていて、わたしはあなた自体に触れながら概念にこそ触れている。

しかしその概念そのものが実体であるのだとすれば?????

それなのに、わたしはあなたがそこに存在しているように思える。

実在とは、いったい何なのか。

 

わたしには分からないことが多すぎる。分からないことばかり。なにかを分かったことなど、理解したことなど、手のひらに収めたことなど、これまでたった一度だってなかった。

 

わたしがキャラクターが好きなのは、それそのものが概念だからである。概念こそがキャラクターであると言えるかもしれない。

これは、きっと、事実だ。

わたしはキャラクターを愛でることで、思い切り、思いのままに、おもんぱかることなく、概念そのものを愛でることができる。

 

言葉は、概念だろうか。

言葉は、実在するのだろうか。

あるいは、概念とは実在するのだろうか。それとも、実在するということすら概念なのか???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????