おやすみなさい

日記以上の意味も価値もない

つよくなりたい

日曜日。天気がよいので洗濯をしようとしたら、漂白剤を切らしていた。 漂白剤を買うために服を着替え、からだじゅうに日焼け止めを塗って出かける。日差しがきつい。夏だな。 薬局はいつも涼しい。 薬局でいつもの漂白剤を買って外にでる。そういえばこのへ…

友人と夏

友人Yが来ていた日記。 なんだか毎年年末と夏あたりに京都で会っている気がする。 ということで今年も夏がはじまる。 7日(木) 彼女と、共通の友人Sと、三人で夕方6時半頃木屋町で待ち合わせ。雨の予感がつよい。元立誠小のあたりを歩いている時点でぽつり…

真顔の私

なんでわたしは真顔なんだ? そうなんです、わたしって真顔の人種なんですよ。うちのお母さんだいぶ善良で、そんなこと言うかな? ってかんじなんですけど、それでも幼稚園児の時分に「ほんとかわいくない」って言われた記憶があるくらい素真顔なんです。素…

姉と妹

ちかごろ知り合いの娘さんたちと関わることが多くある。 彼女らは小学生の四年生と二年生の二人姉妹だ。 この姉妹、両方とても人懐っこく、愛嬌もあってかわいらしく、しかも賢い。人をよく見ている。名前もすぐに覚えるし、その人それぞれの癖なんかもよく…

本屋の彼女のこと

近所の本屋に、学生時代同じバイト先にいた女の子が働いている。 私が大学三回生から院を修了するまで三年間働いていたバーで、彼女も同じ時期から二年間ほどそこで働いていた。 彼女はわたしより二つか三つ年上で、でもそれ以上に大人びて見えた。フリータ…

GWの子犬

ペットショップで子犬を見ていた ゴールデンウィークの真っ只中、家族連れに囲まれながら子犬は跳ねたり鳴いたりしている 一匹の子犬が寝入る瞬間を見ていた ベッドに寝転び目をうとうととさせ、徐々に眠りにおちてゆく まばたきをするたびにまぶたが重くな…

「人間関係」など存在しない

昨夏、グループで作業をしていたとき、人は人をいともかんたんに使い捨てるよな、と思った ただ、使い捨てる、という言い方は正確でなく、単に、使っている、というのが正解なのだにも関わらず無意識で使い「捨てる」という言葉が出てくるのは完全にわたしの…

ネバーエンディングビーチ

先週末、森、道、市場にいってきた。知り合いにお手伝いしないかと誘われ、たいして考えもなしに二つ返事で行く行く~と言ってしまった。こういうのほんと10年ぶりくらい、日焼けが嫌すぎるがゆえにアウトドアも野外フェスもやめていたわたし。バーベキュー…

ぴかっと光るもの

そういえばあのいみふめいな焦燥感感傷がないいつからかない 終わりから見ていた何かそのなにかがもうない 学校を出たからか期限のあるなにかが終わったからかこれがおとなになるってことなのかわかんないけど いつも、終わる終わるって思ってたでもいまは思…

春来ず

年明けてこのかたとことんツイておらず、あ〜あってなことばかり起きているもしかすると意識しすぎなのかもしれないが、それにしてもこれはどうでしょうねってくらいツイていない交通事故に巻き込まれたりお気に入りのサングラスが割れたり買ったばかりのパ…

手紙と日記

日記と手紙が好きだ 昔から手紙が好きだった わたしは口下手で、でも手紙だとすなおなことが言えるから 初めて字が書けるようになって、きっと多くの子供はお母さんに手紙を書く みんな同じような言葉並べて そのうち幼稚園の友人たちに 好きだった男の子に…

年を越すこと

年を越す。 去年の年末はなんだかばたばたと忙しく知り合いの仕事のてつだいをしていた。 よいあんばいの一人がけソファを探すために高速に乗ってIKEAに行って結局何も買わずに帰ってきたり、新しいバスタオルを洗濯したら洗濯物じゅうに毛玉というかくずが…

食生活と理想の暮らし

この限られた時間・空間・金銭、そして体力のなかで、どうQOLことくおりてぃおぶらいふをあげてゆくのかというのが人生というものかと思います。 ぜんぶ取りは、わたしの身分ではとても無理です。 ということは、何にステ振りするのかを考えなければ。 この…

(依然として)何者でもない私へ

シロップ16グラムのライブをなんばハッチに見に行った。 前夜、調子に乗って飲みすぎてしまい始発で帰宅、そのまま服を脱ぎ捨てはだかで眠っていた。 夕方の6時には飲み始めていたので12時間ほど飲んでいたことになる。 目がさめると15時。二日酔いだった。 …

行為と意味と目的その他

人の生活の中にはかならず体が覚えていることというか無意識の動作のみで成立していることがあって、その動作の手順を一つずつ踏んで行く儀式のなかで「は」とひらめくことがおおい、のだと思う、ひとは 散歩とか風呂とか、そういうぼうっとした瞬間 ハンド…

夏が終わる・感慨

夏が終わる。 先週末から今週のはじめまで学生時代の友人が泊まりに来ていた。べつになにするでもないんだけれど夜になれば飲みに出た。最近遊んでる男の子の話とかあのこがカワイイとか元彼がどうしてるとかどうでもいい話をして家に帰って眠る。 3日目の朝…

いちばんかわいい子

天気がよい まぶしい コインランドリーでぐるぐる回る乾燥機をみている これぜったいエステだなって感じのバスタオルを大量に持った男性が二人やってきた夢をみた チョコくんがいなくなる夢だった わたしは本物のうさぎとぬいぐるみのうさぎのチョコくんとを…

この夜にさよなら

わたしはきっと こういう感傷的な瞬間とか 景色とか そういうのを忘れたくないんだ な と思う 午前4時 15階 広すぎるベランダ 高速道路を見下ろす マンションの窓 電気のついている部屋 だれがどんな時間を過ごしているのか どんな女の子がエイリアンズが口…

上書き保存

川添さん(id:kkzy9)とおしゃべりしてきました。 lfk.hatenablog.com 自分がすっごいタラタラ喋ってることに気がついてしまった。 そのことはまたおいおい書くとして、そのときに、あ~コレコレって言われて読んでひどかった記事がいまだに気になっているの…

真珠の夢

先週末、家族で伊勢神宮へ行った 伊勢神宮へ、ってのは後付けで、ほんとはどこでもよかった 父の車を買い替えるとのことで、さいごの車でどっか行こうよって家族で伊勢へ行った チョコとクリームちゃんも連れて行った 子供のころ、この車で毎年信州へスキー…

2016年のわたしがなにか言っていたようです

ひとって何を考えながらどうやって生活しているんだろ そんなことがぜんぜんわからない 2016年が過ぎ去ってゆくことになんの感慨もない 2016年なんてなかったんだよ そうか なかったんだな 5分して飽きる 飽きて5分 また5分して飽きる 飽きることにも飽きて…

宝石ごっこ

わたしはきっと人に興味がないんだな。 ずっと、あなたは人に興味がないんだね、と言われてきて、いや違うんですよそうじゃないんですよ、めっちゃ興味あるんです、だってだって、ネットストーカーだし、隣のクラスの女の子のブログとか読んでるし、あのこの…

疑惑

こういうきもちってのはなんなんだろうなってたまに思うよ。 10分寝ればもう世界がぜんぶ変わっている。 どんだけ楽しくたってぜんぶ本当だったのか分かんなくなっちゃうね。 何もかも現実感がない。 昨日しゃべったことも汗のにおいも串カツの味もね。 夢で…

長い夢です

妹を二度導き、命を救う夢を続けざまに二度見た。 もっと感謝してくれてもいいよ? という気分になった。 しかもわたしはとっくに死んでいる。 ピーターパン的な感じに飛びながら導いていた。 夢の中だけだけれども、わたし、尊い。よくやった。満足感。 お…

暗さをただ暗さとして認識する

電気を点ける必要はない暗さがある クーリッシュのバニラ スーツのお兄さん しろくまの抱き枕 かのこ毛布 ねむる ばらの花 目が腫れて

さんさん

11日土曜日昼、妹が遊びに来る。 だらだらしゃべりながら食べ歩き開始、コロッケ、ピザとナポリタン、ドーナツ、苺氷とパンケーキ。 もうずっと1日1食以下だったわたしには完全に食べすぎです。 夜になってもぜんぜんお腹がすかないのでだらだら喋りそのまま…

バターの話

わたしが乳製品を異様に好きだという情報はいままであまりお伝えしてこなかったとおもうんですけど、わたし、とりわけ牛乳とバターが好きなんです。 今回はそのバターの話です。 ちょっと前、テレビでダイエットの企画のCMかなんかで、バター食べてる女のひ…

おばけ

あ〜〜なんかさっきから虫飛んでる〜きになる〜って思ってたらとなりの男子の腕時計が反射しているだけであった おい わたしですね結構もうぜんぶ受け入れ態勢ととのっているというか、抵抗とか、あんまりないから、どうなっても生きていけるなっておもうの …

ぜんぶ新しくなる

大学一回生のとき、演技の授業でチェーホフのかもめのシーンアクションをやったのです 男女ペアになって、女はニーナ、男はトレープレフ そのときの、トレープレフのセリフが、わたしはずっと忘れられない 彼は憎々しげにいうのだ、 「ことば、ことば、こと…

ねむたさと赤の爪

なぜこんなにもねむいのか、や、眠り続けることができるのか そういうタイプのひといるんだよね 主治医がそういう それにしても寝すぎじゃあないか 24時間のうち3時間ほどしか目覚めていない それをまいにち よくもまあねむれるもんで 布を纏うのがあまりす…